p r o f i l e   b l o g    c o l u m n    制 作 依 頼    G-P t o p 

 PHOTO:HIDEO NAKAJIMA
 s h i n j i - a d u ( シ ン ジ ア デ ュ )
  composer / soundproducer
  生年月日: 1965年12月20日生
  出身地 : 大分県出身
  血液型 :  "A 型"
-----------------------------------------------------
@主な活動
ブイシネマのサウンドトラック制作
インディースに於いての作曲、アレンジ、サウンドプロデューサー、
新人育成、プレーヤーとしてのライブ出演
企業セールスプロモーションイベントの映像音楽制作
セールスプロモーション会場内のBGM作曲・演出
他アーティストの自主制作に於ける楽曲制作等
-----------------------------------------------------
@仕事に対してのポリシー
ただのこなし仕事の制作・プレイをする訳ではなく、クライアントの意図を的確に捉え、私自身の音楽家としての個性をスパイスとして降りかけて、うまく融合させる共同発想的な作品制作を大切にしています。
ロマンティックな美メロを武器に、泣かせる曲からコミックソングまで、幅広いレンジで"誰の挑戦でも受けます"(笑)
-----------------------------------------------------
@音楽経歴
幼少の頃より大の音楽好きでした。いしだあゆみの『ブルーライト・ヨコハマ』で音楽に目覚めました。 その作曲家である筒美京平先生を今でも師と仰ぎ、尊敬しています。小学校の時に観たTVドラマ『赤い 激流』の挿入歌でもある、リストの『ラ・カンパネラ』とベートーベンの『テンペスト』を聴き、感銘を受け、独学でピアノと作曲を始めました。(基本的に他人にモノを教わるにが苦手なタイプ)

学生時代よりバンド活動を開始し、ギター、ベース、ドラムを始める傍ら吹奏楽部にも在籍し、音楽理論や読譜、管楽器や打楽器も習得しました。そんな中でクラシックにも傾倒し、やがては部長に就任し指揮棒 を手にしました。一方バンド活動ではファンクからジャズ・フュージョンまで色んなミュージシャンと色んな音楽を体験しました。

25歳の時(91年6月)に色々な束縛から解放され、作曲家を志し上京。92年4月には某レコード会社に入社し、音楽業界のシステムや現状を学び、プロモーションにおいては、ミュージシャンとして数々のTV音楽番組に出演しました。同社退社後はコンサート会社に入社し、ライブ三昧の日々を過ごしながらショウビジネスを体感しました。

業界人であることに別れを告げ、96年4月にフリーの作曲家として旗揚げ。ブイシネマのサウンドトラック制作、企業セールスプロモーションイベントの映像音楽やイベント会場のBGMの作成。様々なインデ ィーズ・アーティスト達への楽曲提供やアレンジ、サウンド・プロデュース。はたまた新人アーティストの育成等の仕事を主にしてきました。
-----------------------------------------------------
@えとせとら
小学校時代からの『歌本』を未だに大事に所持し熟読しています。楽曲の知識や先輩諸氏作曲家先生方の研究も怠りません。音楽ヲタクです。(笑)、昭和歌謡からR&B、ヒップホップまで聴きまくるので幅広い年齢層の方々と音楽談義をするのが大好き。演歌の心はカラオケ好きの母親に叩き込まれました。

shinji-aduの名前の由来は敬愛してやまないUKの女性シンガー『SADE』のファミリーネームからいただきました。




---------------------------------------------------------------------------------
Internet Explorer 5.0〜.800×600 pixel display

*Green Partner All rights reserved